【減災・備災&整理収納センスアップトレーナー】 橘田えみ


こんにちは。めずらしい名前で、
「きったえみ」と申します。

整理収納コンサルタント
整理収納アドバイザー2級認定講師
防災備蓄収納1級プランナー

ルームスタイリスト1級
シェルフィットアドバイザー
葬祭カウンセラー

法政大学 文学部日本文学科 卒業

はじめまして。これまで…

穏やかで、おちゃめな天然派です。
1960年 横浜生まれ。幼少から、福井県にて医師の祖父母のもとで育ちました。
23歳で結婚。翌年に息子誕生。
大学には、28歳から。法政大学に息子連れで通い、無事に卒業。
(在学中に離婚となり…生活が精一杯で授業料を払いきれなく…6年かかりました。
教育実習は夢…とあきらめていたら、30歳を過ぎているのに、
ある中学校で受け入れてくださり、高校の国語教諭免許がとれて、とても嬉しかった卒業です)

そして、在学中に思いがけないラッキーなスカウトを受け、
おしゃれなカフェラテのショップ立ち上げに参画。
カフェコーディネーターとして、日本で初めての紅茶ラテ・抹茶ラテを立案。
一躍人気のショップに仕立てることができ、「ナイものを創る」楽しさを知りました。
その後、秘書・企画広報を経て、青少年育成や環境系の財団、IT、動画配信ベンチャー企業に在籍。
トップサポートから、社会貢献のイベントまで手がけてきています。

家事上手のはず…が、介護でグチャグチャ…

若いころから「ドイツのおうちは、窓がピカピカ…」となにげない話に憧れ、
居心地良い住まい・ピカピカ家事を心がけていました。

オフィス時代は、ファイリングが大得意。
「社内のダスキン」としても親しまれ、
時に「我が家をなんとかしてほしい」という友人宅の掃除や整理で、
恋愛や家族環境を影からサポート。

ところが、自分が家族の介護にかかった16年間の間は、
育児+仕事+介護の両立に追われて、
心も時間もゆとりがなくなり、いつのまにか家の中はグチャグチャ。

生活の不安が「もったいない」の意識を増幅させてしまったようです。
ナンデモ捨てられない症候群に…。
「片付け上手なはずの自分は、どこに…」と、糸が切れた自分に悩み続ける日々でした。

整理収納への新たなきっかけ ~掌蹠膿疱症~

働きすぎたのか…
2013年夏に、免疫不全の「掌蹠膿疱症」を発症!
最初は、指先にポツっと小さな水泡が、どんどん手のひらと足の裏に広がって
皮膚が何重にも破けて剥けてくる病気です。
(女優の奈美悦子さんが患ったという本で、病名を知りました)

どう食事を制限しても治まらず、生活が激変。いつのまにか足はビッコでサンダル。
専門医がいる秋田まで病院に行き、悪戦苦闘の日々。
本や雑誌をめくることはもちろん、ペットボトルも開けられず、ペンも握れない。
洋服にさわるだけで、皮膚がめくれてきちゃいます。

そこで、手が使えないかわりに、さまざまな工夫をしました。
パソコンは中指2本打ち。キッチンでは、お米のとぎ棒や蓋が開けやすい容器を探し、
使えるモノを選別して、モノを置く場所が次々に変わりました。

介護・病気のお客様のお役に立ちたい

病気中に芽生えたのは、介護や同じような病気でお困りの方に、
いつか「この不自由な体験を役立てたい!という思いです。

仕事ができない間に「整理収納」という仕事を知り学びをスタート。
「整理収納コンサルタント」の資格を取得し、
「整理収納センスアップトレーナー」として個人宅でのレッスンをスタート。
そして「整理収納アドバイザー2級」の講師として講座・セミナーを中心に活動しています。

優しく頼もしい仕事仲間や親友に支えられ、
おかげさまで手も足もほぼ不自由なく使えるようになり、
完治をめざしながら励んでいます。

減災・備災と整理収納

個人宅の現場ほかセミナーでヒヤリングすると、
防災準備がほとんどできていない現状に驚きます。

乳幼児がいても、防災食も水も備蓄されておらず、玄関には通販で買った品物が山積みだったり、
階段は引っ越したままの荷物の山! これではすぐに逃げることも避難生活もままなりません。

そこで、もともと「子供を守る」ための防災意識が強かったこともあり、
独学でアイディアを深めて、オリジナルのセミナーを開催しています。

最近は、「jijico」(プロによる情報サイト)に記事を掲載いただいています。
少しでも、多くの方のお役に立てば嬉しいです。

社会貢献活動

整理収納と別に、2011年から、電子ドラム・ハンドソニック奏者の鈴來正樹氏のICT音楽授業を、
小学校にコーディネートさせていただいています。

震災直後は「新宿区市ヶ谷小」で、防災頭巾をかぶりながら授業。
その後「墨田区外出小・小梅小・錦糸小・立花吾嬬の森小」「つくば春日学園」、和歌山などで
開催。いまは、横浜地区の小学校へ。この活動も、元気のエッセンスになっています。

メゲルけれどメゲナイ!

あるお客様からのご依頼理由に…
「母が病気です。
あなたは病気も介護も体験しているから、
安心できそうで…」

「私は小さい時から、父と暮らしています。
母親がいない気持ちを理解いただけそうで。
お母さんのように教えてほしいです。」

自分の生い立ちや境遇がお役にたつこと…
さまざま嬉しいお言葉をいただきました。

まだ時々、手や足の肌が荒れてくると…メゲます。
でも、お客様の笑顔が嬉しくて、日々学びを深めています。
私のユニークなアイディアが、より快適な生活へのお役に立てば幸いです。

長い文章を読んでいただきまして、誠にありがとうございます。
ご縁ございましたら、
心こめて、お役に立てるよう務めさせていただきます。

******♡*****

【写真撮影:橘田龍馬(たちばなだ りょうま)氏】
ストリートアカデミーはじめ、メディアでも大人気の先生。
お名前が「同じ漢字」! でも読み方が違う!という不思議なご縁です。

私が、病気で杖をついて、ずっとサンダルしかはけなかった日々から、
やっとパンプスが履けたお祝いとして、
あたたかな応援エールこめて、写真を撮影くださいました。

ちょっと恥ずかしながら、再出発の記念として、
ガンバル想いと先生へのお礼をこめて…僭越ながら…UPさせていただきます♡